KAL007 謎の逸脱ルート検証


ベセル ナビー 区間

ベセル及びナビーでの位置通報によればナビー到達は予定時刻より2分遅れています、この遅れは正規のコースでは 310.4 ノーチカルマイルであるのに対し逸脱コースは 319.3 ノーチカルマイルとなったため 1.2 分の遅れが生じました残りの 0.8 分は実際の風の影響と考えても大きな矛盾はないと考えます。
ナピーでの KE007 の通報した風は 250度より 60 ノットですが計算結果での実際の風は 250 度より 49.9 ノットとなりました。
後続の KE015 便の位置報告での風のデーターは 245 度から 50 ノットです、ナビーでの KE007 は正規コースより北方へ約 34 ノーチカルマイルずれていますが、KE015 便の風のデーターに近い数字になりました。
KE007 はナビーでの位置通報時アンカレッジ管制センターと VHF による交信が出来ませんでした、このナビーからの VHF 通信はセントポールにある中継アンテナを使用しますが、このセントポールは正しいルートのナビーから 135 ノーチカルマイル離れており、KE007 の逸脱ルート上のナビーからは 183 ノーチカルマイルも離れている為、VHF の交信可能範囲の限界に近い 175 ノーチカルマイルを考慮すると、KE007 が交信出来なかった理由を説明出来ます、この交信出来なかった原因には VHF の故障も考えられますが 15分遅れでアンカレッジを出発した KE015 便との距離は 104 ノーチカルマイル位ですが、この距離から VHF の交信が出来た事からみて、パイロットは VHF の故障ではないが電波出力が弱いか又は現在位置が飛行コースから逸脱して中継アンテナ間の距離が大きいのが原因ではないか等 VHF交信の出来なかった原因について不安を感じたのではないでしょうか。

ナビー ヌック ニーバ 区間

ヌックでの位置通報はありませんのでヌッタの到達時刻は不明です、従ってナビー、ヌッタ 、ニーバ間が同じグランドスピードになるようにヌッタの到達時刻を設定しました。
ナビーでの位置通報によると、ニーバの到達予定時刻を変更しています、著書「撃墜」では次の様に記しています。
ナビー通過時、はじめは KE015 便経由の位置通報では、「ニーバ通過予定時刻を、「15時49分」と通報、その後しばらく経ってから(9分後)行った短波によるアンカレッジ対空通信局への直接通報では、「ニーバの通過予定時を15時53分」と変更し到達予定時刻を4分遅くしている。
この到達時刻の遅れについての考察は、「ルート・シミュレーション」の項目にて述べた様に、ルート変更したものと想定しました。
最初の通報からわずか9分後に4分遅れの到達時刻変更は正常な飛行では、あり得ません、この4分遅れの理由を次の様に考察しました。
正しいコースのナビーからの逸脱距離は 46.6 ノーチカルマイルです、この時のAコースの正しいナビーからの逸脱距離は 33.2 ノーチカルマイルですので、Aコースのトラックに変更するには左方向へ 13.4 マイル移動する必要があります、この時のAコースに誘導する N0-1 INS の平均対地速度は 441.6 ノットで、1分間の飛行距離は 7.36 ノーチカルマイルとなることから、13.4 マイルの距離の飛行には 1.8 分を要します、しかしAコースへ変更するには、Aコースに対して適正な侵入角度を設定し飛行する必要がありますので、1.8 分より多くの時間を要しINS の表示する到達予定時刻が 4 分遅くなったのではないかと考えました。
KE007 は4分の遅れを通報したが、実際にニーバに到達した時刻は更に5分遅れています、この5分遅れの内 0.6 分は逸脱コースの方が正しいコースより距離が4ノーチカルマイル伸びている為に発生しました、残り 4.4 分については風の影響と考えました。
ナビー、ニーバ間の距離は逸脱コースで 595.2 ノーチカルマイルあり、位置通報より飛行時間は1時間26分ですので、対地平均速度は 約412 ノット、1分間の飛行距離は 6.8 ノーチカルマイルとなり、4.4分間の飛行距離は 29.9 ノーチカルマイルとなります。
シミュレーションによる、実際の風は、ナビーでは 250度から53ノット、ニーバでは273度から51ノットで、ほぼ向かい風の状態であることから、風の変動により到達時刻に影響を及ぼしたのではないかと考えました。

KE007 は、このニーバでも管制センターへの VHF 無線交信が出来ず、後続の KE015便を中継して通報しているが、この逸脱ルートのニーバは正しいニーバから113.9ノーチカルマイル離れています、ニーバでの位置通報はシェミア島にあるアンテナを使用しますので KE007 とシェミアまでは249ノーチカルマイルも距離があり VHF 通信可能範囲外となります。
又重要な位置確認の為の地上無線標識も、このシェミアにある為、やはり無線標識を受信する事も出来ず、このルートを飛行する上で最も重要な、ニーバでの位置確認が出来ず、現在のルートが逸脱ルートである事に気が付かず飛行したと考えられます。